※ 事例ノウハウだけ集中して読みたい場合は、ここをクリックしてください。
※ このブログに事例ノウハウ以外のことも書いている理由はこちら
※ カスタマワイズ 企業公式サイト:クリック
※ 事例制作サービス案内(価格表):クリック
※ 簡易動画サービス案内(価格表):クリック
※ お問い合わせ:クリック

「〜させていただく」がわかった。

0
    二日前に、「『〜させていただく』がわからん」というブログを書いた。
    『〜させていただく』とは、誰が誰に何をさせて、誰が誰から何をいただいているのか?
    http://blog.customerwise.net/?eid=546612

    二日考えて、分かった気がする。

    「〜させていただきます」は、

    「この度、事例を書かせていただきます村中です」とか
    「この度、事例を書かせていただくことになり、光栄です」とは言うが、
    「村中は、この度、事例を書かせていただきます」とは言わない。

    「私は、事例を書きます」のように、普通に、主語-述語の形で使うことはない。謎解きのカギは、ここかなと思った。

    「事例を書かせていただく」という言葉は、
    「(クライアントが、村中に、)事例を書かせて」、
    「(そのことを、村中は、クライアントから)いただいている」
    という文章構造であろう。

    つまり、事例を書いたのは、
    村中の自由意志ではなく、クライアントがさせてくださったことであり、
    それを、ありがたくいただいているという意味構造だ。

    ということは、「事例を書かせて」の主語は、「クライアント」だ。
    こう考えれば、村中を主語にして、「村中は、この度、事例を書かせていただきます」と言えない理由が分かる。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    e