※ 事例ノウハウだけ集中して読みたい場合は、ここをクリックしてください。
※ このブログに事例ノウハウ以外のことも書いている理由はこちら
※ カスタマワイズ 企業公式サイト:クリック
※ 事例制作サービス案内(価格表):クリック
※ 簡易動画サービス案内(価格表):クリック
※ お問い合わせ:クリック

文章を短くするのは本当に良いことか?

0
    「あんまり長い文章は、お客さんが読んでくれない。文章は短い方がよい」とよく言われますが、本当にそうでしょうか。

     結論から言うと、わたしは「長い文章だと読まない」というのは、間違っているまではいいませんが、少々、考え方が粗雑だと思います。

    ちなみに、長い文章を肯定する考え方として「興味があるお客は長くても最後まで読む」というものがありますが、これもやっぱり考えが粗いと思います。
    では、どう考えれば精密なのか、実際に長い文章を短く切り詰めていきながら、検証してみましょう。


    次の文章は、 野村克也著「巨人軍論」からの抜粋です。

    (a)--------------------------------------------------------------

    鶴岡一人監督時代の南海の野球は、「精神野球」以外の何物でもなかった。なにかといえば「気合いだ!」「たるんどる!」と檄が飛んだ。

    たとえばある打者が左中間を破るような、うまくすれば三塁を狙えそうな打球を放ったとする。打ったバッターが二塁を回って三塁を陥れようとすると、ベンチで鶴岡さんは「バカたれ! バカたれ!」と怒る。だが、首尾よくセーフになると「よーし。よくやった」。ある意味、行き当たりばったり。そんな野球をやっていたのである。

    選手時代から私は、そういう野球に大きな疑問と不満を感じていた。「野球というのはそんなものではないだろう」と……。
    ---------------------------------------------------------------


      この文章を、「論旨は保ったまま短くする」ということをすると、次のようになります。


    ※ (b)
    ---------------------------------------------------------------
    鶴岡一人監督時代の南海の野球は、「精神野球」以外の何物でもなかった。なにかといえば「気合いだ!」「たるんどる!」と檄が飛んだ。

    選手時代から私は、そういう野球に大きな疑問と不満を感じていた。「野球というのはそんなものではないだろう」と……。
    ---------------------------------------------------------------


      何でしたら、もっともっと短くすることも可能です。

    (c)
    ---------------------------------------------------------------
    鶴岡一人監督時代の南海の野球は、「精神野球」以外の何物でもなかった。
    選手時代から私は、そういう野球に大きな疑問と不満を感じていた。
    ---------------------------------------------------------------

      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

    (d)
    ---------------------------------------------------------------
    鶴岡監督の野球は「精神野球」だった。私はそんな野球に疑問を感じていた。---------------------------------------------------------------

     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

    (e)
    ---------------------------------------------------------------
    鶴岡監督は「精神野球」だった。私はそれに疑問を感じていた。
    ---------------------------------------------------------------

                   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

    (f)
    ---------------------------------------------------------------
    私は鶴岡監督の「精神野球」に疑問を感じていた。
    ---------------------------------------------------------------


    限界まで短くすると、次のようになります。


    ※ (g)
    ---------------------------------------------------------------
    私は「精神野球」に反対だ。
    ---------------------------------------------------------------


     さて、以上A〜Gのうち、いちばん短いのはGですが、ではいちばん読みやすく面白く、分かりやすいのはどれでしょうか。私はやっぱり元の原文、いちばん長いAだと思います。というか、正直、最初の長いもの以外はぜんぶ面白くありません。
     
    なぜ、最初の長い文章だけが面白いのか、それはエピソードが視覚的に書かれているからです。

    「精神野球に反対だ」と抽象論だけ言われても面白くない。やっぱりこう、「打ったバッターが二塁を回って三塁を陥れようとすると、ベンチで鶴岡さんは「バカたれ! バカたれ!」と怒る。だが、首尾よくセーフになると「よーし。よくやった」。ある意味、行き当たりばったり。そんな野球をやっていたのである」とエピソードを示されると、うわー、精神野球、こりゃダメだわ…と納得がいくわけです。

    A〜Gの添削のうち、いちばん劇的に文字量が減っているのは最初の添削(A→B)です。何をやったかというと、論旨だけ残してエピソードをばっさり削ったのです。エピソードというのは「具体的な誰かが具体的な場所で具体的な何かをすること」なので、これを書くと、どうしても長くなります。

    エピソードとは文章量がかさばるものです。でも、だからといってガンガン削って本当に良いのか。

    文章作成の場合、ひとつひとつの文章は短く無駄なく読みやすくある必要があります。しかし、それら文章を集めた全体としては、長いから読みにくいとは限らず、むしろエピソードを盛り込んで長くした方が読みやすく分かりやすく理解しやすくなることがあります。

    全体が短い文、すなわち抽象的に要約した文とは、栄養カプセルであり、エピソードが豊富で全体が長い文とは、よく作った料理のようなものです。栄養価は両方同じでも、美味しいの調理した料理の方です。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    e